帰ってきた! 身近な物でうごキャラを作ろう日誌

身近な物でうごキャラを作ろう日誌                                   今後の予定はハイクで随時お知らせするよー!

2012-01-21ウゴゲキ

[]工程11『mission11.うごキャラオリジナル劇を成功させよ!』の巻 19:59


お久しぶりです!mission10からこの長い間、『オリジナル劇』の構成に没頭していました。はい、いい訳です(苦笑)

実を言うと、mission10を書いた時期が、ちょうど期末試験で、さらにそこから冬休みに向けて、僕中学二年なのでいろいろと忙しく、これなかったしだいなのです。いや、そんなことは誰も聞いていないですね・・・。

さて!お待たせしました!ウゴゲキのオリジナル!いってみましょう!


【逃げたステーキ】

これは、メタボン達が、まだ雪を見る前のお話・・・。

f:id:akira-tago0704:20120121190718j:image

ウゴマル「もうすぐお昼だね!ご飯を食べた後、また遊ぼうよ!」

メモリン「そうね!」

ウゴマル達は朝から元気に遊んでいました。もうそろそろお昼なので、みんないったんさよならをして家に帰ろうとしています

f:id:akira-tago0704:20120121190734j:image

メタボン「よぉぅし!今日もステーキを5000枚食べるぞー!」

メモリン「メタボンのおなかも、今日も元気ね!」

ステーキのための元気なおなかも、もちろん健在です。

f:id:akira-tago0704:20120121190742j:image

ウゴマル「それじゃあ、またここで待ち合わせしよう!」

そう言うウゴマルに、みな賛成しました。

f:id:akira-tago0704:20120121190802j:image

みんな「それじゃ、またここで!」

そういって別れました。

f:id:akira-tago0704:20120121190856j:image

メタボン「よぉぅし!いっただっきまぁぁす!!」

ここはメタボンの家。早速ステーキを口に・・・。

f:id:akira-tago0704:20120121190944j:image

ピョンッッ!!

なんと、突然ステーキがメタボンの手を離れ、家を飛び出していきました。

f:id:akira-tago0704:20120121191023j:image

メタボン「ああ!僕のステーキ!待て待て~!!」

夢中でステーキを追いかけるメタボン。あと一歩!

f:id:akira-tago0704:20120121191130j:image

ズサァァァ

あとちょっとのところで逃げられてしまいました。

f:id:akira-tago0704:20120121191415j:image

メモリン「あら?メタボンどうしたの?」

メモリンとウゴマルがやってきました。ここは待ち合わせ場所。メタボンは二人に事情を話しました。

ウゴマル「ええ!?ステーキが逃げたんだって!?」

f:id:akira-tago0704:20120121191500j:image

メタボンはお昼ご飯を食べてないため、空腹が襲います。

ウゴマル「ヨシ!メタボンのために、一緒に追いかけよう!

こうして、三人はステーキを追おうとしますが、ステーキがどこ行ったか分かりません・・・。


果たしてメタボンはステーキを食べることができるのでしょうか?

f:id:akira-tago0704:20120121191619j:image

ウゴマル「探すにしてもなー・・・!あ!」

ウゴマルがあることに気がつきました。

ウゴマル「ステーキの油が点々と残ってるよ!これを追えば、ステーキにたどり着く!」

f:id:akira-tago0704:20120121191737j:image

メタボン「やったぁ!」

こうして三人は油を追います。そして30分後・・・。

f:id:akira-tago0704:20120121191838j:image

ついにあのステーキを見つけました!

メタボン「やったー!!」

f:id:akira-tago0704:20120121191928j:image

メタボン「頂き・・・・。」

メタボンはいったん食べるのをとめました。

f:id:akira-tago0704:20120121192116j:image

自分のために一緒に探そうといってくれたウゴマル・・・。

f:id:akira-tago0704:20120121192143j:image

自分のために一緒に探してくれたメモリン・・・。

f:id:akira-tago0704:20120121192217j:image

そして三人でやっと見つけたあの嬉しさ・・・。

メタボンは、二人との友情を再確認し、二人に言いました。

f:id:akira-tago0704:20120121192315j:image

メタボン「ウゴマル、メモリン、一緒に探してくれてありがとう!・・・、このステーキ、一緒に食べようよ」

ウゴマル・メモリン「・・・え!?」

誰よりもステーキを多く食べたいと思っているはずの、メタボンの言葉に二人はびっくりしました。

f:id:akira-tago0704:20120121192506j:image

メタボン「だって・・・。みんなと一緒に食べたほうが、おいしいんだもん!」

その言葉に、二人は、分かった、といい、そのステーキを三等分にして食べました。

f:id:akira-tago0704:20120121192537j:image

みんな「いっただっきまーす!」

三人の友情は、よりいっそう深まりました。そしてそのときメタボンが食べたステーキは、今まで食べたステーキの中でも、『5000倍』おいしかったそうです。


ところで、なぜあのステーキは逃げたのでしょうか?もしかしたら・・・。~終わり~





・・・・、今回は3DSで撮影してみました。DSiとはまた違った味が出ているかと思います。さて、今回でウゴゲキ編は終了です。次回は、今回撮影に使った『3DS』を使い、新たな挑戦をします!では、mission12をお楽しみに!

takuyarei0takuyarei02012/01/21 20:27なるほど、3DSで撮影したからワイドだったのですか。
これまでよりワイドになっているので...。

SukaiSukai2012/01/21 22:26おお!待ちに待ったウゴゲキ!!
なんと「初雪」の前のストーリーとは!!
とても内容が凝っていて感動しました!!
あのメモリンの「またステーキに逃げられたの?」という言葉の意味が
これで分かりましたね!スゴイ!
しかもクライマックスでは感動的な展開に!
非常に楽しかったです!
次のミッションは3DSを使った新たな挑戦ですか!楽しみです!

akira-tago0704akira-tago07042012/01/22 00:08takuyarei0さん。

そうなんですよ、なぜか3DSで撮影した写真はワイドになっているんですね。ちなみに、回想シーンの写真は、『モノクロ』に『ピンポール』を組み合わせて撮影したものです。



Sukaiさん。

お待たせしました!メモリンの『また、ステーキにでも逃げられたの?』から考えて作りました!楽しんでいただけてうれしいです!