帰ってきた! 身近な物でうごキャラを作ろう日誌

身近な物でうごキャラを作ろう日誌                                   今後の予定はハイクで随時お知らせするよー!

2013-01-10うごキャラクイズ

[]うごキャラDEクイズVol.87 22:26

いきなりですが、本日より3月末まで、日記を休載致します。

  1. 今月末に私立入試がある。
  2. 来月漢検準2級を受ける。
  3. 再来月の頭に公立入試がある。

この3つが主な理由です。なので、急な呼び出しにも対応できません。ご了承ください。

では、前回のおさらいです!

【第86問】『アナザーうごキャラクラブ第4章【希望のぞみの十人目】~つかない星~ 難易度:☆☆☆

スカイ「クリスマス・・・・・・・ですね」

地球人「クリスマスといえば、パーティだね」

タイト「でも、もうクリスマスは過ぎましたよ?」

One Line.「かぼキャラクラブここと同じパターンであれば、クリスマスが終わっていない、と言う場合も考えられるけど・・・・・・」

地球人「二度あることは三度あるって? 三回もやってられないよ」

カボボン「クリスマスなら、ユキマルたちのいる世界じゃないかなぁ」

地球人「ユキマル?! まさか、ユキマルが本当にいるの!?」

カボリン「ええ、ここからすぐいけるはずよ」

スカイ「そうですか! 有難うございました!」

ズッカ「いやいや、感謝しないといけないのはこちらですよ。本当に有難う」


全員が顔を見合わせ、かぼキャラたちに言った。

スカイ「それでは・・・・・・」

カボボン「待って!」

米斗(米)「ん?」

カボボン「オイラも着いていくよ。恩返しするんだ。なあ、いいだろう?」

ウゴマル「うーん、いいんじゃない?」

ピョンコジ。「そうですよ! 行きましょう! 人数が多いほうが楽しいです!」


こうして、カボボンを仲間に加え、スカイさん一行はユキマルたちのいる世界へ向かった。


【名もない世界】


地球人「☆☆☆☆」

メタボン「空からカキ氷!!」

ピョンコジ。「雪ダァァ!!!」

カボボン「寒いのは平気だゾ。なんせ冬至に大活躍するんだから!」

メモリン「? 遠くに誰かがいるわ」


近寄ってみると、大きな木下で、一人の老人が困っていた。


スカイ「どうかしたのですか?」

謎の老人「おお、若い者。実はこの機能絵に大きな星が降ってきてのぉ」

メモリン「星? それって・・・・・・」


上を見上げると、うごメモのカラースターの一つ、ノーマルスターの超巨大バージョンが突き刺さっていた。ノーマルスターは良く見るとその光がだんだん薄れていっているようであった。


地球人「星の近くまで行けば、原因が分かりそうだけど・・・・・・」

ウゴマル「空なんて飛べないしなぁ・・・・・・」

ピョンコジ。「・・・・・・」

タイト「・・・・・・」

米斗(米)「・・・・・・」

メモリン「・・・・・・」

スパロウ(雀)「・・・・・・、え、僕なの?」


スパロウ(雀)は、ノーマルスターの近くまで飛んでいった。ノーマルスターの裏側には、4つの星型のくぼみがあった。そして、木の枝に、緑・赤・青・紫のスターが落っこちていた。大きさは、丁度星型のくぼみにぴったりである。ノーマルスターの裏側の、星型のくぼみの下に、次のような書き込みがあった。


赤の隣に青はない。

緑は端にない。

紫は中央にない。


スパロウ(雀)「―――――ってわけで、どうやらちゃんとした位置にスターをはめ込まないと、ノーマルスターの電気は活発にならないようだよ」

タイト「典型的なパズル問題のようですね・・・・・・」


4つのスターの位置は、左からどの順番になるだろうか

クリスマス編は結構短いです。では、回答と解説です!


【回答】

赤・緑・青・紫の順番(別解あり)。


【解説】

理詰めで解ける問題です!

まず、『赤の隣に青はない』から、赤と青は『間隔があいている』ということが分かります。

次に、『緑は端にない』から、緑は中央の二つのくぼみのいずれか一つに入ると分かります。

次に、『紫は中央にない』から、紫は両端のくぼみのいずれか一つに入ると分かります。


赤と青の間隔は、どう頑張っても間のくぼみは『中央の二つのうち一つが開いた状態になる』ので、赤と青の間は緑だと分かります。あとは、右端が余るので、そこに紫を入れると、全ての条件に当てはまります。


別解は、紫が左端に来ます。

id:Sukaiさん、大正解です!! 現在2連続正解中! 結構連続正解が多いので、今後、連続で正解した回数に応じて、何か賞品(画像になると思う・・・・・・)を進呈しようかと計画中です。 では、今回の問題です!

【第87問】『アナザーうごキャラクラブ第4章【希望のぞみの十人目】~衝撃の事実~ 難易度:☆☆


スパロウ(雀)「こ・・・・う・・・・だね」


巨大なノーマルスターの裏のくぼみに、指示通りの配置にカラースターを並べた。すると、今にも事切れそうだった巨大なノーマルスターの光が、明るく発光し始めた。


ウゴマル「わぁ! まぶしい!」

地球人「閃光がすごい!!」

スパロウ(雀)「熱いィィィィ!!! 焼き鳥になるゥゥゥゥ・・・・・・」

タイト「スパロウさぁぁん!?」

米斗(米)「あとで美味しくいただこう」

地球人「そうしよう」

ピョンコジ。「冗談だよね!?」


すると、謎のおじいさんが巨大なノーマルスターの突き刺さった大きな木の幹の下に行き、語り始めた。


謎のおじいさん「この大きな星は『ビッグスター』。この世の全ての『善の心のスター』が集結している。いわば『良い思いの塊』だ。私はここで子供達の笑顔を届けている」

地球人「え!? ま、まさか貴方は!!」


すると、謎のおじいさんが光り始めた。元の姿に戻るのだろうか。


メモリン「まさか、『サンタクロース』だったの!?」

米斗(米)「ここはひねって『トナカイ』じゃないかなぁ!?」


光がやんだ〝元〟おじいさんの芯の姿を見て、全員が驚愕した。


全員「『ソリ』だったのかぁ!?」

ソリ?「いかにも。私はソリだ。本名を『ソリジロウ』という」

ウゴマル「そ、ソリジロウ・・・・・・」

ソリジロウ「100年以上、サンタのだんなと思いの詰まったプレゼントを載せて運ぶ、現役の『老そり』だよ」

地球人「不思議なこともあるんだな・・・・・・」

One Line.「ハッ!? まさか!!」

スカイ「ソリジロウさん、『10人目の使徒』について、何が存じ上げませんか?」

ソリジロウ「使徒? ああ。誰だか知っとるよ」

ピョンコジ。「やっぱり。簡単に見つかるわけ・・・・・・」

タイト「・・・・・・」

メモリン「・・・・・・え?」

地球人「今なんて・・・・・・?」

ソリジロウ「知っとるって。誰だか」

米斗(米)「・・・・・・」

スパロウ(雀)「・・・・・・」

One Line.「・・・・・・!!」

ピョンコジ。「まさかの情報源ンンン!!!!!」


一行はソリジロウから情報を聞くことにした。


ソリジロウ「いいか、私は100年以上世界中を駆け巡ってきた。今も、これからもだ。私に知らないことなどない。何でも聞くと良い」

スカイ「では、『10人目の使徒』について、まず教えてください」

ソリジロウ「うむ、分かった。さっき私が『ビッグスター』の説明をしたのは覚えておるな?」

タイト「『善の心の塊』・・・・・・ですよね」

ソリジロウ「いかにも。10人目の使徒とは、『善き心を持ち、皆を幸せにする純粋な心の持ち主』なのだ」

ピョンコジ。「それじゃあ、その『純粋な心の持ち主』を探せば良い訳なのか・・・・・・」

ソリジロウ「うむ。しかし、その心は今消えつつあるのだ」

メモリン「ななな何ですってぇ!?」

メタボン「え!? ステーキが消えちゃったの!?」

One Line.「大丈夫、消えていないから。ステーキは」

ソリジロウ「新たな心が誕生したんじゃ。『悪しき心を持った、邪悪な心』・・・・・・。その根源が、ビックスターに対している『ダークスター』なのじゃ。星の形として原形をとどめておらず、様々な形となって、善き心を悪しき心に変えようとする・・・・・・。主ら3人、オーブじゃな。オーブになるのは皆『善き心を持つもの』じゃ」

米斗(米)「ぼくも善い心なら!」

ソリジロウ「主とそこの鳥、主らは『オーブになりかけた者』なんじゃ。おそらく、何らかの理由でオーブとなれず、その副作用のようなもので、姿かたちが変わってしまったのだろう」

スパロウ(雀)「だから桜紅さんは形が変わった後に、オーブとなったのか・・・・・・」

「オーブは誰にでもなりうることがあり、今後オーブになる人が変わる場合もある。それが『時代の流れ』じゃ・・・・・・」


意味深長なソリジロウの言葉に、全員が息を飲んだ。


ソリジロウ「さて、ダークスターについて今度は話さねばならない」

地球人「僕らを一回連れ去ったあの手の正体かなぁ・・・・・・」

ソリジロウ「そうだと思う。『悪しきスター』とは、見せびらかしや嘘のスタープレゼント、スターを欲しがるものの心から誕生する。要は『欲によって生まれた星』なのじゃ。ダークスターに勝つには、『悪の力を超えた善の力』が必要なんじゃが・・・・・・。昨今、あくが強すぎて、もう善では適わぬ」

ウゴマル「そ、それじゃあ勝てないんじゃ・・・・・・」

ソリジロウ「そう、だから『使徒』が生まれたんじゃ」

全員「!!」

ソリジロウ「使徒・・・・・・すなわちオーブになれたものは、底尽きぬ善き心の持ち主。10人目は、『その中でもずば抜けて善き心を持っている』といえる」

タイト「その方を探すには?」

ソリジロウ「うむ・・・・・・。乗せて行ってやろう。私に乗って行った方が、移動時間が短縮できる。悪は一生撲滅は出来ない。しかし、悪がいれば必ず善がいるのだ。悪がいなければ善は生まれない。それはただの『野性』じゃ。しかし今、3匹のトナカイのうち、1匹が悪しき心にとらわれてしまったんじゃ」


そういうと、『赤鼻』『青鼻』『黄鼻』のトナカイがやってきた。


赤鼻のトナカイ「ぼく? 悪くないよ。黄鼻も悪くないよ」

青鼻のトナカイ「私は正直者だ!」

黄鼻のトナカイ「青鼻は嘘をついているよ」

One Line.「嘘つきトナカイ・・・・・・か・・・・・・」


悪いトナカイは、3匹のうち何鼻のトナカイなのだろか

それでは3月末案まで!では、ナゾトキスタート!

今までのクイズはコチラから!↓

【第1問】【第2問】【第3問】【第4問】【第5問】【第6問】【第7問】【第8問】【第9問】【第10問】
【第11問】【第12問】【第13問】【第14問】【第15問】【第16問】【第17問】【第18問】【第19問】【第20問】
【第21問】【第22問】【第23問】【第24問】【第25問】【第26問】【第27問】【第28問】【第29問】【第30問】
【第31問】【第32問】【第33問】【第34問】【第35問】【第36問】【第37問】【第38問】【第39問】【第40問】
【第41問】【第42問】【第43問】【第44問】【第45問】【第46問】【第47問】【第48問】【第49問】【第50問】
【第51問】【第52問】【第53問】【第54問】【第55問】【第56問】【第57問】【第58問】【第59問】【第60問】
【第61問】【第62問】【第63問】【第64問】【第65問】【第66問】【第67問】【第68問】【第69問】【第70問】
【第71問】【第72問】【第73問】【第74問】【第75問】【第76問】【第77問】【第78問】【第79問】【第80問】
【第81問】【第82問】【第83問】【第84問】【第85問】【第86問】

SukaiSukai2013/01/12 18:382連続正解嬉しいです!
次も正解を狙います!
悪しき心にとらわれてしまったのは青鼻のトナカイです!
そう考えれば3人の発言の辻褄があります。

年始の3ヶ月は試験ばかりで大変そうですね。応援してますよ!

hirasaburouhirasaburou2013/01/20 19:55試験を体験したことないので口出しできませんが応援してます!
試験頑張ってくださいっ!

zawasan0817zawasan08172013/01/20 20:33僕も2月は受験です。がんばりましょう!!

akira-tago0704akira-tago07042013/01/25 23:40id:Sukaiさん。

応援有難うございます! がんばります!


id:hirasaburouさん。

ありがとうございます! 何か、アドバイスが出来るよう頑張ります!


id:zawasan0817さん。

お互い頑張りましょう!