帰ってきた! 身近な物でうごキャラを作ろう日誌

身近な物でうごキャラを作ろう日誌                                   今後の予定はハイクで随時お知らせするよー!

2016-03-13うごキャラクイズ

[]うごキャラDEクイズVol.148 19:30

クイズはビックリ2か月ぶりの更新です! スパロウです!


ついに高校生活が終了いたしました! これからは大学生活が待ち構えております! 実はちょっとした奇跡も起きていたりしますが、それは秘密にしておきましょう(笑)


新生活に先立ち、10の目標を立てました。ここではあえて言いませんので、気になる方は是非、私のTwitterをご覧ください。ああ、ページは載せないので、各自探してね(笑)


それでは前回のおさらいにまいりましょう!!

【第147問】『とある男の奇妙な日常 DAY3~その子はやってきた~』 難易度:☆

私「……『妖怪』……」

友人「そう、妖怪だ。ぼろアパートときたら?」

私「ベタな怪談」

友人「つーわけでこのアパートに妖怪がやってくる」

私「なにが『つーわけで』だよ、納得できるかそんなん」

友人「ははは、だろうな。まあ、すぐにわかるさ、『俺らと』これから付き合いが長くなるわけだし」

 ここで一つ、どうやらきちんとした形で自己紹介をした方がよいみたいだ。私は、まあ見ての通り友人と比べればいくらか常識のある方だ。友人は見ての通りの、いわゆる不思議ちゃん。妖怪とか信じている系男子だ。

 ……とはいいつつ、私はこの後すぐ妖怪を信じることになる。いや、信じざるを得なくなった。


 コンコン、と小さくも鈍いノック音が響く。友人は二つ返事で扉の前に行くと、ぼろアパートの、風のそよぐ音すらたやすく通す薄い玄関を、さっと開けた。扉の奥にいたのは……。


???「あ……どうも……」


 色白の……かわいい女の子だった。


友人「紹介しよう、彼女は雪女の『小雪』ちゃん。人間でいえば歳はまだ小学2年生程度だ」

私「え、年下じゃないか」


 今更で申し訳ないが、私と友人は大学生だ。友人がアパートに住むことになったと言い出し、手伝いよう言われてやってきた。そうしてわずか1時間足らずで出会ったのがまさかの雪女である。


小雪「えっと……手袋もらいに来ました」

友人「はいはい、どうぞー」

私「突っ込みたいことは山ほどあるがとりあえず先に消化したい。『俺ら』とはなんだ」

友人「ああ、お前のどうせここに住むから『俺ら』なんだよ」

私「は?」

小雪「あ、ふ、不束者ですが、よろしくお願いします……」

私「へ?」


 言っている意味が全く分からないが、どうやら友人は私をここに住まわせる算段のようだった。


友人「いろいろあって困惑しているだろう。せっかく小雪ちゃんもいるんだ、息抜きにこんな問題でも解いとけ」


 そういって友人が出したのは、カップのアイスが数個入ったアイスボックスだった。小雪ちゃんは目を輝かせてアイスを見ている。友人の話をまとめると、こうだ。

アイスボックスの中には、アイスが5つ入っている。フレーバーは、『バニラ』『チョコ』『ミント』『抹茶』だ。


友人「今からいう条件をすべて満たすことができれば、そのアイスをお前と小雪ちゃんに全部上げよう」

小雪「!! 絶対当てましょう!」


そういって渡されたのは、正方形の大きな箱と、長方形の箱、そして小さな箱である。小さな箱には1つ、長方形の箱に2つ、正方形の箱に4つ入っているようにしてほしいそうだ。

私「それ、さすがに簡単すぎやしないか?」

友人「と思うだろ? 小雪ちゃん見てみろ」


 そういって小雪ちゃんは真剣なまなざしで問題を解いていた。なるほど、コイツの善意か。小雪ちゃんには程よい難易度なのだろう。俺は見守りつつ、時々ヒントを与える立場に回ることにした。さて、君たちにも小雪ちゃんと一緒に解いてもらおう。条件に当てはまるにはどうしたらいいだろうか。

冬にアイスってなぜか食べたくなりますよね。鳴りません? では解答と解説です!

【解答】

図の通りである。

f:id:akira-tago0704:20160310201114p:image:w300

【解説】

箱の中には子を入れる、という発想ができるかが、この問題を解く大きなカギとなっただろう。

正解者は無し・・・・・・。非常に惜しい発想を持っていた方はいらっしゃいました! そでは、奇妙な日常の4日目です!

【第148問】『とある男の奇妙な日常 DAY4~それはこんな顔ですか?~』 難易度:☆☆

小雪「! 解けました!解けましたよ!!」

友人「お、正解だ。それじゃあそのアイスは君たちに全部上げよう!」

小雪「やったあ!!」


 手のひらにアイスの入った箱を載せ、無邪気に小雪ちゃんは喜んでいる。冷気は明らかにアイスからではなく、彼女の掌から出ていた。雪女、というのは本当なのだろう。


小雪「アイスもらいました! 一緒に食べましょ? えっと・・・・・・」

私「ああ、そういえば名前を名乗っていなかったね。名前は・・・・・・」


 私が名前を教えようとした時、勢いよく扉があけられた。扉の方を見ると、下をうつむいた男の子が立っている。


私「・・・・・・?」

男の子?「それは・・・・・・」


 ゆっくり顔を挙げる男の子。その顔には、何もなかった。


男の子?「こんな顔ですかぁー?」

私「いや唐突過ぎて怖くないぞ」

男の子?「え!」

友人「おお来たか。紹介しよう、のっぺらぼうの『平良くん』だ。良い平らって書いて、へら」

私「へらぁ?」

平良「あ、平良と申します。お見知りおきを。それはそうと、早く例のものを」

友人「はいはい、マーカーね」

小雪「平良くんは顔がないのを気にしているのっぺらぼうなんです」

私「それのっぺらぼうの意味なくね?」

平良「何を! 顔がないなんて笑われるんですよ! まったく、のっぺらいじりも大概にしてほしいものです」

私「は、はあ」


 自分がのっぺらぼうであることを分かっていつつ、あえてそのアイデンティティを消そうと試みる謎ののっぺらぼう、平良。マーカーは、顔にパーツを書くためだそうだ。


友人「そうだ。お前に面白い問題を出してやろう。ヘラはいつも鏡を見ながら顔のパーツを書いているんだがな、どうしても変な風に書いてしまうパーツが3つあるんだ。見てわかるとおり、平良は髪の毛はあるから、それ以外のパーツなんだけど」

私「変な風に書く?」


 ヘラの顔にないパーツは、眉毛、目、耳、鼻、口。この中で変に書いてしまうパーツ3つとは何なのだろうか。なお、私はこの問題、言われるまでわからなかったのだが、これを見ている皆はきっとわかってもらえるはずだろう。

平良の名前は「のっぺら」のぺらから来てます。それでは、謎解きスタート!

クイズバックナンバー↓

第01問第02問第03問第04問第05問第06問第07問第08問第09問第10問
第11問第12問第13問第14問第15問第16問第17問第18問第19問第20問
第21問第22問第23問第24問第25問第26問第27問第28問第29問第30問
第31問第32問第33問第34問第35問第36問第37問第38問第39問第40問
第41問第42問第43問第44問第45問第46問第47問第48問第49問第50問
第51問第52問第53問第54問第55問第56問第57問第58問第59問第60問
第71問第72問第73問第74問第75問第76問第77問第78問第79問第80問
第81問第82問第83問第84問第85問第86問第87問第88問第89問第90問
第91問第92問第93問第94問第95問第96問第97問第98問第99問第100問
第101問第102問第103問第104問第105問第106問第107問第108問第109問第110問
第111問第112問第113問第114問第115問第116問第117問第118問第119問第120問
第121問第122問第123問第124問第125問第126問第127問第128問第129問第130問
第131問第132問第133問第134問第135問第136問第137問第138問第139問第140問
第141問第142問第143問第144問第145問第146問

kitty63kitty632016/12/06 05:23問題は「アイスが5つ」、解答は4つですから、正解者がいないのではないでしょうか?

kitty63kitty632016/12/06 05:23問題は「アイスが5つ」、解答は4つですから、正解者がいないのではないでしょうか?

kitty63kitty632016/12/06 05:24問題は「アイスが5つ」、解答は4つですから、正解者がいないのではないでしょうか?