Hatena::Groupugochara

うごキャラ雑談所 RSSフィード
 

うごキャラを使って作品をつくってみよう!

うごキャラのご紹介
ツリー全部最新の50件前後を読む

615akira-tago0704akira-tago0704   605  Re:某荒らし事件について語る3

※この書き込みは、4月27日の、うごキャラ日記の書き込みのコメント欄について語っております。不快に思った場合は即刻削除いたしますので、お伝えください。

また、登場する人物が、僕のほかに、自分のオリジナルキャラクターの『武田』と『も』がいますが、語りには深くか掛かってきませんので、ご了承ください。


フゥゥゥゥワッホォォォウ!!!

武田「ブホフ(コーヒーを噴出す)・・・・・・。い、一体どうしたんだ。」

聞いて驚くなかれ!!『標的が僕になったっぽい』ぞ!!

武田「標的って・・・荒らしの・・・罵倒の対象が?」

うん、そう。

武田「ほおぅ。・・・・・・。お前さ、『ちょっと馬鹿』でしょ。」

多分ね。でもね、きちんとね、考えがあって標的にさせたんだ!

も「というと、また何か策があって勝手に?」

まあ、始まったばかりだから、成功するかしないかは置いといて、どういう考えかを説明しようと思う。

武田「肝心だな。」

まず、簡単な理由で、ぼくに標的が向くようにする。

も「ふむふむ。」

すると、今までは全て、『ゲストがゲストに罵倒されていた』が、今回は『ユーザーがゲストに罵倒される』ようになる。

も「確かに。」

まあ、ユーザーだからどうとか言うわけではないが、これで『他ゲスト(本当に意見が出したくてくる、罵倒のしない人)が標的にされることはなくなる』だろう?確証は薄いけど。

武田「まあ、確かに。」

するとどうだ!今度はその荒らしの対処を、向けられた本人・・・・・・そう、『僕』が処理することになる。

も「それがどういう利点に?」

つまりは、他に犠牲者を出さず、僕がこの一件を処理することが出来るわけだ。もちろん手助けはいくつかもらうかもしれないけれども。

武田「おいおい、それ、一歩間違えれば命がけの方法じゃないか!」

も「全く!その後のことは考えてあるの!?」

笑止。もちろんだ。全ての罵声に、『ポジティブな考え』で対処するんだ。

武田「は?」

も「へ?」

どういうことかというと、『相手を呆れさせる』のが目的だ。呆れさせることさえできれば、二度と、までとは行かないとは思うが、荒らしが減少するはずだ。

武田「なるほど。〝お前にしては〟よく考えた方だな。だから最初の『馬鹿か』でポジティブだったのか。」

も「なるほど。うん。確かに、〝akira-tago0704にしてみれば〟!」

何だそれ・・・。


多分続く。

返信2012/08/11 23:58:01
  • 615Re:某荒らし事件について語る3 akira-tago0704akira-tago0704 2012/08/11 23:58:01
    ※この書き込みは、4月27日の、うごキャラ日記の書き込みのコメント欄について語っております。不快に思った場合は即刻削除いたしますので、お伝えください。 また、登場する人物が、僕のほかに、自 ...