帰ってきた! 身近な物でうごキャラを作ろう日誌

身近な物でうごキャラを作ろう日誌                                   今後の予定はハイクで随時お知らせするよー!

2014-09-14ステーキのために!?

[挑戦]工程21『mission21.意外に計算が多い!? 設計図を完成させよ!』の巻 19:21

さて、今回は貯金箱を作るための設計図を書いて行きます。前回は貯める部分を作っただけで、肝心の「顔パーツの大きさ」はまだ決めていませんでした。さて、早速やっていきましょう!


まず、缶の上部と底の直径を、おおよそでも知る必要があります。

f:id:akira-tago0704:20140914184337j:image

そこで、2つ塗った内の使わない方を使って採寸しました! その結果……。

f:id:akira-tago0704:20140914184333j:image

……ん? あまり大きさが変わらなそう……。ということは、底と同じ大きさにすれば、上部の蓋になりそうです。

改めて直径の長さを定規に当てて見ました。

f:id:akira-tago0704:20140914184329j:image

正確かどうかは微妙ですが、

直径
上部6cm
底部6.6cm

が、この缶の直径でした。そして、メタボンの公式の絵を写し描き、この直径に合うよう比率を変えて見ます。



と、その前に投入口の口を決めました。硬貨の中で最も大きい500円玉。調べたところ、厚みが2mm、直径26.5mmでしたので、余裕を持たせて、投入口の厚さは3mm、長さは30mm(3cm)にしました。この、口の大きさを基準に計算……。

f:id:akira-tago0704:20140914184325j:image

!?

顔の形が円でないメタボンの比率を変えるのが非常に難しい!


画像の顔の最大横幅が5.5cm。そして口が1cmだったので、先ほどの口と比べると3倍。


………、16.5cm!?(紙最下部の線がそうです)デカイ! そこで、普段よりも口を大きく開けている設定にし、顔の大きさも少し変えただけの、最大横幅8cmにしました。

問題はさらに続きます。最大縦幅です。髪の毛の頂点を入れると6cm。横幅に重ねると、長いところは4.5cm、そして下部の短いところが1.5cm。それぞれの数字を2倍にし、4.5:1.5=9:3

9:3=3:1


3:1!?

6cmを3:1で振り分け、それを8cm横幅に合うよう比率を変えろと!?


幸い、髪の毛の先っちょと、投入口の左端がピッタリ同じx座標だったのですが、それでも難しい比率。何が難しいかって、縦:横が元々6:5.5だったものを、x:8にするのです。え? 簡単? 割り切れないんです。

そこで妥協。元々5.5cmだったものを8cmにしています。差は2.5cm。ならば、縦もそうしたらいい。元々6cmなので、+2.5。8.5cm。

……。結局問題の対比は終わっていません。とりあえず4.5:1.5が8.5cmに合うよう徐々に長さを対等に変えていきます。

結果は5.5:2.5。それぞれ1cm足して、残りは0.5cm。分けられない。こうなったら適当です! 0.3と0.2に分け、5.5の方に0.3を、2.5の方に0.2を入れました。

最終結果……。

投入口長さ:3cm、幅:3mm
最大横幅8cm
最大縦幅上部:5.8cm、下部:2.7cm、合計8.5cm

……ハードル上がりやがった……。でも作って見せます! というわけで設計図(?) は一応完成! 次回はいよいよ顔パーツ作りです! それではまた次回!