The Ugochara World このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-02-11 (土)うごキャラとの大きさ比較!!

光の速さでもお隣の太陽系に行くには4.2光年かかります。

そんな大きな宇宙とうごキャラの大きさを比較していきたいと思います。

まず、地球を借りに50cm前後のメタボンに例えます。

すると、火星はメモリン、金星はウゴマルくらいの大きさとなります。

そして、太陽系の中心、太陽は直径50m以上の巨大な風船となります。

そして、太陽系最大の惑星である木星は直径5mになり、8畳の部屋でも収まりきらないくらいの大きさとなります。

夜空で太陽の次に

明るい恒星シリウスは200m以上の大きさになるので、スカイツリーの3分の1の大きさになります。

そして、今にも超新星爆発が起きようとしているベテルギウスは47710mとなり、富士山の高さを超えてしまいます。

地球を50cmのメタボンと考えても宇宙はとても大きいんです。

SukaiSukai2012/02/11 14:18うごキャラで宇宙の大きさを説明してしまうとは!スゴイ。
宇宙って想像を遥かに超える世界なんですね。

akira-tago0704akira-tago07042012/02/17 00:59地球をピンポン玉(約4cm)として考えると、太陽は約5m60㎝(個人調べ)なので、地球をメタボンで考えると、70メートルは越えますね!確か、地球は周囲14,800km(うろ覚え)、太陽はその140倍(1,400,000km以上の周囲!!)だそうです。


銀河系は広い!でも宇宙はもっと広い!コスモ&カオス!!